新松戸ボクシング&フィットネスジムSOETE(ソエテ)代表柴田明雄ブログ
akiorarara.exblog.jp

プロボクサー 柴田明雄  第29代東洋太平洋&第30代.33代日本スーパーウェルター級チャンピオン 第45代東洋太平洋&第59代日本ミドル級チャンピオン
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
「やぶや」のお話
藪くん。
f0192306_08020316.jpg


ワタナベジム時代の後輩で東日本新人王の経歴を持つ男であり、


自分のカレー屋を持つ為に有名カレー店で修行し、料理そのものを学ぶ為に日本料理屋でも修行をする、とにかくこだわり抜く男。


そんな藪くんが、浅草にある鞄屋さんの店舗を間借りして「やぶや」というカレー屋を期間限定でオープン致しました!

ということで、大貫さん、船井くん、柳沼と一緒に行ってまいりました。



カレー屋というと、ドンッとワンプレートにご飯とカレーが乗ってて、汗ばみながらスプーンでバクバクバクッと食べ、「ウマイ!大将もう一杯っ」いうイメージでしたが、


「やぶや」は違いました(*゜Q゜*)



なんとコース料理スタイル!!

f0192306_08063769.jpg

美味しい!
f0192306_08071824.jpg


これも、
f0192306_08074362.jpg


これも、
f0192306_08080977.jpg

f0192306_08215778.jpg


全部美味しい!
f0192306_08222514.jpg


そうです、何度も沢山美味しいのです!

f0192306_08231511.jpg



そして、藪くんの笑顔が更に料理を美味しくしてるんだぜ、と思ってることは秘密にしておきました☆


たまたまいらっしゃっていた、スペースを提供している鞄屋オーナーさんとも楽しくお話させて頂き、


目一杯盛り上がり、

遂には、
「カギの持つところお洒落カバー」をプレゼントして頂きました!!m(_ _)m
f0192306_08245002.jpg

船井くんはチャンピオンだからと更にグレードアップしたものを頂いてました(^.^)

f0192306_08240110.jpg

僕は紛れて「いや~本当にありがとうございます!」と言いながら高級皮財布を手に取ろうとするくだりを何度も試みましたが、それはダメと言われました笑


鞄屋マスターさん、本当にありがとうございます!



皆さん是非一度、独創性に富んだ美味しい料理が味わえる「やぶや」へ行ってみてください(^.^)!


最高な男、藪くんに会いに☆

f0192306_08320679.jpg


ご馳走様でした!!!m(_ _)m

# by akiorararan | 2018-07-04 08:00 | Comments(0)
アジアチャンピオン船井龍一のお話
同時期にワタナベジムの門を叩き、


一緒に合宿もしたり、


お互いの良い時もそうでない時も側で感じながら、共に歩んできた仲間、船井君。


僕は先に引退してしまったけど、船井くんはその後も着々と力を付け、悲願であった日本チャンピオンのベルトを獲得。
磐石の強さを見せつけ2度の防衛を成功させたのち返上。


そして遂に、今回満を持して挑んだのがアジアチャンピオンの座!(WBOアジアパシフィック)


試合は正に激闘中の激闘。
相手はスピード・パワー・技術の三拍子揃った、いや経験等を加えると四拍子以上揃った猛者。


1Rから相手の巧みな打ち分けと強打に肝を冷やす場面があり、その度に喉飛んでいってしまいそうなくらい叫びました。


その後も度々訪れるピンチを船井くんは耐えに耐えながら、
持ち前の、鉄球を投げつけるような硬いジャブとグッとメリ込む左右ボディでコツコツと、しかし確実に相手にダメージを与え続けました。


それでも顔面は傷だらけで流血もあり、いつドクターチェックが入って試合を止められてもおかしくない状態の船井君。


そんな崖っぷちの船井君が、何らかの決意を纏い自陣コーナーから飛び出した8R、


これまでの船井君の丁寧な攻めを受け続けたのと、自身の攻め疲れが重なり、肩を上下させ必死で酸素を求める相手、
ここぞとばかりに周りの酸素を追い払うかのような鋭いラッシュで攻め立てる船井君、


そして、遂に渾身の右ストレートを相手の顎に命中させ起死回生のダウンを奪いました。
f0192306_02105112.jpg


相手は一度立ち上がろうとするも立つことができず、レフェリーが頭上で両手を激しく振りました。


試合終了。


8RKO大逆転勝利!
WBOアジアパシフィック王者!


船井君の意思が、決意が、相手の全てを飲み込んだ瞬間でした。
f0192306_02112845.jpg


わたくし柴田、30代後半になってジャンプして喜ぶことがあるなんて思わなかったです。


悔しいくらい感動しました。


しかし、なんてパンチ力なんだ船井君よ、、、


そして今日のお昼、柏の飯島整形外科へ傷の治療に来ていた船井くんと突如ランチ(^.^)
f0192306_02093864.jpg


これは完全に何かしら秘め事がある人の装い!?


本当におめでとう(^.^)☆

f0192306_02121564.jpg

試合後、SOETE応援団の祝勝会に顔出してくれました☆
左は、学生時代に全日本チャンピオン二連覇した三須トレーナー(^.^)

# by akiorararan | 2018-06-19 02:08 | Comments(0)
世界チャンピオン田口良一のお話
ワタナベジム後輩の田口くん。
WBA世界ライトフライ級チャンピオン(防衛7( ☆∀☆)!)に加え、IBFライトフライ級のベルトをも獲得した統一王者。

f0192306_15171658.jpg



いつも穏やかで優しくて明るくて面白い田口くん。

f0192306_15175778.png
(SOETEレセプションパーティーでの1枚)


しかし、ひとたびリングに上がれば、その全てを自宅の押し入れに一旦キレイに整頓して置いてきてから会場入りしたかのような、鬼気迫る姿で激熱ファイトを繰り広げる男。



気持ちを全面に出した激しいボクシングと、普段の優しく柔らかな姿とのギャップにムギュッと心掴まれたファンの方も多いのではないでしょうか。



きっと僕もその内の1人で、
試合後の田口くんは、
さっきまで殺気を放っていたリング上の田口くんはどこにも見当たらず、なんなら本人さえ覚えていないかのような雰囲気で、、
なんだか不思議と引き込まれるんですよね☆




そんな田口くんが先日、TVで特集されておりまして、



何とそこで田口くんの着ているTシャツが
、、、


f0192306_15191405.jpg



「SOETE Tシャツ」ではありませんか!Σ( ̄□ ̄;)



田口くんの、この不意の、そしてデカ過ぎる優しさに、僕は思わず田口くんとアハハハハッと波打ち際で水を掛け合いたい衝動にかられました。


引退してから2年。
ジムで一緒に練習することもなくなり、千葉の新松戸でジムをやっているので会う頻度も必然的に減ってしまいましたが、



こうして変わらず気に掛けてくれる彼の優しさに、物凄く感動しました。そしてこのブログを書きながら再度感動しています。



田口くん、本当にありがとう!!!





これからは週7で着て外出してくれーい。



そして、また田口くんがリングで戦う姿を見たいと願っています。


# by akiorararan | 2018-06-01 15:10 | Comments(0)
肉光のお話
現役時代からずっと応援してくださっている、



京都のNo.1ボクシング愛ファミリーYさんご家族の皆様から、



またまた、手をかざさないと直視出来ないくらい神々しい肉光を放ったお肉が届きました☆

f0192306_10305735.jpg



いつも僕の体を気に掛けてくださり、温かく応援して頂けるYさんご家族、本当に本当に感謝でいっぱいですm(_ _)m

f0192306_10312881.jpg

「あれ、俺ナイフ10本持ってたっけ?」というくらい小刻みに震え緊張しながら頂きました☆



そして、


もう、


それはモウ、


美味しいに決まっているのです(T-T)!!


そして、美味しいと分かってても想像を超えて美味しいのです!


美味し過ぎて止まらず、
ワサビやらお塩やらガーリック等で、一気に全てのお肉を食べ尽くしてしまいました☆



Yさんいつも本当にありがとうございます(T-T)!!m(_ _)m


SOETE頑張っていきます!!





# by akiorararan | 2018-05-18 10:29 | Comments(0)
ドラマのお話
先日、


録りためておいたドラマ「陸王」全10話を連日夜中に見続け、

f0192306_14473339.jpg


あまりにも心動かされ過ぎて、



涙腺崩壊で真夜中の号泣を繰り返しました。



水分補給を怠ると脱水症状が出てしまうくらいの感涙必至ドラマでした。
f0192306_14475805.jpg



皆さん、




「陸王」、




おすすめですよ!(遅いかっ💦)


しばらく役所広司さん風に日常過ごしてしまいます。











# by akiorararan | 2018-05-02 14:46 | Comments(0)